関門の歴史

  西  暦          出    来    事     備    考
7〜8千万年前 陥没が起き関門海峡が出来る 関門の地名の由来
 193 神功皇后豊浦津着。宍門豊浦宮を造る(日本書紀) 忌宮(いみのみや)神社
3世紀                魏志倭人伝 魏志倭人伝
 794                平安遷都  
1185 源平壇之浦合戦  
1192                源頼朝征夷大将軍となる  
1561 大友(九州)・毛利(中国)の間で門司城の争奪戦  
1573                室町幕府滅亡  
1601 細川忠興 小倉城の構築を始める  
1607                第1回朝鮮通信使 朝鮮通信使
1612 武蔵・小次郎が巌流島で試合  
1630 赤間関(現下関)は北前船の寄港地として栄える  
1632 細川忠利熊本に移封 小笠原忠政播州赤穂より小倉に入る  
1806 伊能忠敬、防長を測量、次いで北九州市へ  
1826 シーボルト海峡通過。海峡を測量  
1863 馬関攘夷戦始まる。高杉晋作、騎兵隊を編成  
1867 小倉戦争(長倉戦争=小倉・長州)の和議成立。
企救郡(門司・小倉北・小倉南)が長州藩の支配となる
               大政奉還
 
1871(M4)                廃藩置県  
1889(M22) 赤間関市(現下関市)として市政が施行される。
門司の平田平吉、関門連絡船を開く
 
1891(M24) 九州鉄道(門司〜黒崎)開通  
1895(M28) 下関 春帆楼で日清講和条約(下関条約)を調印  
1896(M29) 下関に初めて電灯が点く  
1899(M32) 門司市/戸畑市市政施行
下関で電話交換業務を開始
 
1900(M33) 小倉市市政施行
関門貨車航送船による運輸始まる
 
1901(M34) 官営八幡製鉄所操業開始
山陽鉄道(京都〜馬関=現下関駅)開通
 
1902(M35) 下関市へ改称(旧赤間関市)
関門〜釜山間定期航路開始
 
1906(M39) 下関市で初めて上水道供給開始  
1913(T2) 下関市で初めてバスの運行開始  
1914(T3)                第一次世界大戦始まる
長州鉄道(現山陰線)開通
若松市市政施行
 
1916(T5) 下関市で初めてタクシーの営業始まる  
1917(T6) 八幡市市政施行  
1922(T11) 門司にアインシュタイン博士が来る  
1925(T14) 下関市内初めての路面電車運行開始  
1931(S6) NHK小倉放送局開局  
1942(S17) 関門鉄道トンネル開通  
1945(S20)                第二次世界大戦終了  
1947(S22) 旧制小倉中学が甲子園野球大会優勝(翌年も優勝)  
1948(S23) 全国初の競輪が小倉で開催  
1951(S26) 小倉魚町に日本初のアーケード完成  
1952(S27) 松本清張が『ある小倉日記伝』を発表  
1953(S28) 豪雨により北九州全域が大水害に遭う  
1958(S33) 関門国道トンネル開通  
1959(S34) アメリカ合衆国タコマ市と姉妹都市締結(小倉城天守閣を復元)  
1961(S36) 北九州道路開通  
1962(S37) 若戸大橋開通  
1963(S38) 北九州市が誕生(門司・小倉・戸畑・八幡・若松 五市)  
1964(S39)               第18回オリンピック東京大会開催  
1972(S47) 新市庁舎完成  
1973(S48)               第一次オイルショック
関門海峡・中国自動車道開通
 
1974(S49) 市が5区から7区制に移行(小倉南区・八幡西区)  
1975(S50) 山陽新幹線(岡山〜博多)開通  
1979(S54) 中国大連市と有効都市締結  
1985(S60) 北九州市モノレール開業  
1988(S63) 九州自動車道開通
わっしょい百万夏まつり開始
 
1990(H2) スペースワールドオープン  
1991(H3) 北九州空港の東京定期便再開  
1995(H7) 門司港レトロオープン  
1996(H8) 海峡メッセ下関オープン  
1998(H10) 長府毛利邸オープン
小倉城庭園・松本清張記念館オープン
 
2005(H17) 新北九州空港 開港予定